社長挨拶

1952年、香川県丸亀市に一鶴は生まれました。 創業者の情熱を守り続け、誠意と道徳のある飲食サービス企業として成長してまいりました。 お客様にとっての一鶴は「美味しくて、気軽に行ける価格とサービス(プロのきめこまやかな行き届いた気配り)の良いお店」だと受け止めています。 即ち、一鶴で働く者は美味しいと言って頂ける料理を提供するための味覚、知識、調理技術を磨かなければなりません。 気軽に行ける価格を維持するにはより良い食材を安定的に仕入れるためのパートナー(納入業者)との信頼関係、社内物流や店内オペレーションの効率化を常に研究しなければなりません。 より良いサービス提供のためには、プロとしての責任とプライドを持ってより積極的なお客様へのアプローチが必要です。 これらのことを私たちは飲食サービス企業として当然のことと考え、老舗の看板や商品力に甘えず日々精進しようと努めています。 これからも変わらない一鶴であるため、そしてikkakuグループとして新しい飲食業態にチャレンジするため、一人でも多くの「イッカクマン」を育てていきたいと思っております。 私達は、お客様の求める本質的な外食の楽しみを側面からお手伝いする、とても大切な仕事に従事していることを誇りに思い、社員全員で夢を語り創造してまいります。

代表取締役社長 近藤定二